ファクタリングを装うヤミ金の契約書

事案の概要1 事業者ファクタリング     お手元の契約書をご覧ください。

ファクタリングを装うヤミ金の手口・二重契約

平成31年○月○日、資金需要者Aは、大手運送会社の運送業務の下請けによる業務委託料の売掛債権により、ファクタリング会社B社にファクタリングを申込んだ事案です。

ファクタリング契約と貸金による譲渡担保設定契約の2種類の契約が併用された取引となっています。

  1. 債権買取申込書は、資金需要者が該当する売掛債権の請求書に基づき、ファクタリング業者に買取り申込をした書類になっています。売買契約書ではありません。
  2. 売掛金債権売買基本契約書(以下、基本契約書といいます。)は、取引約定書であり売買契約書ではありません。

    【解説】第1条には、「本契約は、本契約の定めるところにより、売主がその取引先に対して有する債権(以下売掛債権という。)を買主が当該債権の回収不能の危険を負担して当該債権を買い取ることを目的   とします。)というノンリコース(求償権なし)の文言が」記載されています。
    買主は、売主、保証人に対し、当該債権の回収不能を理由に請求できません。
     
  3. 事務委託契約書(以下、委託契約書といいます。)は、売買した債権を譲渡人に回収委託し、その回収委託に連帯保証を付けさせ、譲渡人が回収できない場合、連帯保証人に請求する契約になっています。この契約締結により、ファクタリング取引きでなく、買取会社はヤミ金となります。

    【解説】第5条(事務委任手数料)手数料及び費用は無報酬である。

     第7条(損害賠償責任) 回収できない場合、売買代金と年14・6%の割合による遅延損害金の請求。
     買主は、売主に回収を委託し、回収できない場合は、売買代金全額と遅延損害金を請求するという基本
     契約書のノンリコース文言と明らかに矛盾
    した契約書になっており、売主が、不利な契約になっていま
     すので、この契約は、公序良俗違反で無効になります。

     
  4. 債権譲渡担保設定契約書(以下、設定契約書いう。)は、売買した外の債権も担保にして貸付を行う契約書になっており、1の売買申込みをした債権以外の売掛先を記載した書類です。この書類を作成した時点で貸金となり、貸金業登録がない場合はヤミ金となります。

    【解説】この設定契約書は、第1条(債権の目的)に基本契約書及び委託契約書に基づき債務不履行があ
      った場合
    の債権保全を目的のための契約書になっており、債務不履行を目的とした「停止条件付譲渡
    担保設定契約」ですから、貸金契約になります。

     
  5. 契約内容確認書は、契約が貸金でなくファクタリング取引であると偽装した書面で、実際の売買に不要な確認書であり、契約がファクタリングでなく自らヤミ金であると認めた契約書となります。 
     
  6. 緊急連絡先は、回収ができない場合に嫌がらせをして、回収を図るための連絡先であり、ファクタリング取引には一切必要ありません。

    この確認書は、昔の消費金融(サラ金)の信用貸付が回収のために使った悪質な手口です。
     
  7. 警告書は、自らの契約が貸金業、出資法、利息制限法等に違反していることを暴露し、ファクタリング取引を偽装して資金需要者に対し書面で恐怖を与え、警察、金融庁などに通報させないための書面です。

 

全ての契約が無効になります。

2社間ファクタリングにより、債権買取会社が回収業務の委託及び債権譲渡担保契約により

ファクタリング(債権売買契約)を装ったヤミ金の契約書です。

契約書の種類

債権買取申込書、売掛債権売買基本契約書、債権譲渡担保設定契約書、事務委託契約書、契約内容確認書、緊急連絡先、警告書、債権譲渡通知書の8種類の契約書で構成されています。

1.債権買取申込書

 資金需要者(譲渡人)が該当する売掛債権の請求書に基づき、ファクタリング業者に買取りを申込みを行う書類です。

2.売掛債権売買基本契約書(基本契約書)

債権買取申込書に基づく基本契約書です。20条の項目で構成されています。

3.事務委任契約書(連帯保証人付)

 売買した債権を譲渡人に回収委託し、その回収業務委託に連帯保証を付けさせ、譲渡人が回収できない場合、連帯保証人に請求する契約になっています。この契約締結により、ファクタリング取引でなく、買取会社はヤミ金となります。 契約に矛盾が生じています。

4.債権譲渡担保設定契約書

 売買した外の債権も担保にして貸付を行う契約書になっており、1.債権買取申込書で売買申込みをした債権以外の売掛先を記載した書類です。この書類を作成した時点で貸金となり、貸金業登録がない場合はヤミ金となります。

5.契約内容確認書

契約が貸金でなくファクタリング取引であると偽装した書面で、実際の売買に不要な確認書であり、契約がファクタリングでなく自らヤミ金であると認めた契約書となります。

6.緊急連絡先

 回収ができない場合に親族・社員に嫌がらせをして、回収を図るための連絡先であり、ファクタリング取引には一切不要です。ヤミ金の回収手段です。

7.警告書

 自らの契約が貸金業、出資法、利息制限法等に違反していることを暴露し、ファクタリング取引を偽装して資金需要者に対し書面で恐怖を与え、警察、金融庁などに通報させないための書面です。

ヤミ金融対策法が成立・・詳しくはこちら

事案の概要2 給与ファクタリング

 

給与ファクタリングの債権譲渡基本契約書ですが、買戻し特約付債権譲渡契約になっており、対抗要件が具備されておらず、売買が不成立な契約です。
本取引は、債権譲渡担保契約貸金となり貸金業法出資法特商法等違反で無効となります。

8万5000円の給与債権を5万円で買い取った事例

  1. 債権譲渡通知書の送付を譲受人に委任する形式
  2. 買戻し予定日付の債権譲渡契約書
  3. 債権譲渡通知書が作成されていない
    (売買が成立していません)
  4. 譲受人が譲渡人を代理して、債務者に債権譲渡通知と譲受通知を送付する手法。
  5. 譲受人代理人弁護士が譲渡人に請求する手法

 

 

回収委託は、ヤミ金と示唆

「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取りを装い、高額な手数料を差し引いた売掛債権の買い取り代金を支払う(貸し付ける)一方同債権の売り主をして売掛債権を回収させた後、回収した売掛金を原資として返済させるもの。

金融庁は、ファクタリング契約や売掛債権売買契約において、

  1. 譲受人に償還請求権や買戻請求権が付いている場合
  2. 売掛先への通知承諾の必要がない場合
  3. 債権の売り主が譲受人から売掛債権を回収する業務の委託を受け譲受人に支払う仕組みとなっている場合は、ファクタリングを装ったヤミ金融の可能性があると示唆。

定款・諸規則について

  • 定款
  • 業務規程
  • 自主規制基本規則・法令遵守

 

業務内容

出版物など

  • 定期刊行物
  • 研修関連
  • 法令集
  • ログイン

ファクタリング業関連資料

各種申請書ダウンロード

  • ファクタリング業登録申請書
    届出書用紙等
  • 事業報告書・業務報告書
  • 連絡先等届出書(変更)
  • 届出書等の様式
  • ロゴ・シンボルマークの使用申請 方法手順