ファクタリング業界の自主規制機関

入会手続き

1.入会の申請

ファクタリング業を開始しようとする者は、日本ファクタリング業協会に入会申請書を提出しなければなりません。

2.入会の実施

入会の申請がなされたときは、自主規制の規定により、入会を拒否する場合を除き、登録事項をファクタリング業会員名簿に記載します。

3.ファクタリング業者名簿の閲覧

協会は、ファクタリング業者名簿を作成し、資格の申請、変更届に係る書類とともに、一般に公開されます。なお、不正の手段によりファクタリング業の会員として協会の名称を使用した場合は、その業者は、公開いたします。

4.入会拒否事由

ファクタリング業の入会を申請しようとする者は、次の入会拒否事由のいずれかに該当するときは、または、入会申請書もしくはその添付書類のうちに、重要な虚偽の記載があり、もしくは重要な事実の記載がかけていたときは書の入会は拒否されます。

入会拒否事由1

(1)形式的欠格要件
   申請書や添付書類にについて、①重要事項について記載漏れがある場合 ②虚偽の記載がある場合 
(2)実質的欠格要件
    ①成年被後見人・被保佐人・破産者で復権を得ない者
    ②資格を取消され、その取消しの日から5年を経過しない者
    ③解散・廃業の届出をして処分をまぬかれたもので5年を経過しない者
    ④前項の期間内に合併により消滅した法人または解散・廃業の届出があった法人の役員であった者
    ⑤禁固以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、または、刑の執行を受けることのなくなった日から5年を
             経過しない者
    ⑥暴力団による不当な行為防止法に法律に規定に違反した罰金刑に処され、その刑の処せられ、その刑の執行を
               終わり、または執行系を受けることがなくなった日から禁固以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、ま
               たは、刑の執行を受けることのなくなった日から5年を経過しない者 
    ⑦貸金業、出資の受入れ、預り金及び金利等の取り締まりに関する法律、債権管理回収業に関する特別措置法、
               暴力団員による不当な行為防止等に関する法律の規定(第3Ⅶ、第32上11Ⅰを除く)の違反
            ⑧暴力団員等がその事業活動を支配するもの
    ⑨暴力団員等をその業務に従事させまたはその業務の補助者として使用するおそれのある者
    ⑩個人事業者

入会拒否事由2

          ()   他に営む業務が公益に反すると認められる者
      (2)
  純資産5000万円に満たない者(法制化まで別に定める)
             最終事業年度に係る貸借対照表またはこれに代わる書面における純資産の合計額
        (3) 体制が整備されていると認められない者
           資金需要者等の利益に保護を図り、ファクタリング業の適正な運営に資するため十分な社内規則を定めている

       こと。

5.会員登録事項

会員名簿に登載される登録される事項は次のとおりです。

1.ファクタリング業者名簿の備付

1)ファクタリング業者名簿の登録事項
     ①入会年月日と会員番号
     ②商号
     ③法人の役員・使用人の氏名
     ④事務所の名称・所在地
     ⑤事務所ごとに置かれる専任のFBMの氏名
     ⑥兼業の種類
     ⑦政令で定める使用人
 

2)法人の役員
   役員とは次の者をいう。
     ①その法人の業務を執行する社員、取締役、執行役、代表者、管理人またはこれに準ずる者
     ②その法人の総株主、総社員、または総出資者の議決権の100分の25を超える議決権を有する個人(所有名義は
       問いません)
③その法人の親会社の株式相巣が等の議決権の100分の50を超える議決権に係る株式を所有している個人
       
     (所有名義は問いません)
④その法人の業務を執行する社員またこれに準ずるものが法人である場合は、その職務を行うべき者
       
⑤①~④に掲げるものが未成年者である場合は、その法定代理人
 

(3)政令で定める使用人
政令で定める使用人とは、ファクタリング業協会に入会しようとにする者の使用 人のうち、次の者をいいます。職務上の名称は
   問いません。
        
 ①営業所または事務所(営業所)の業務を統括する者
       ②主たる営業所において、部長、次長、課長と同等以上の職にあるもので、ファクタリング業務をその他資金需要者の重大な
                  影響を及ぼす業務について、一
切の裁判外の行為をなす権限を有する者
  
       ③ファクタリング業務に従事する使用人の数が5人以上の営業所(主たる営業所等が以外の営業所)において、その絵営業所
                  の等を統括する権限を代行しえる地位のある者

 

(4)営業所等
   ①営業所とは、次の施設をいいます。なお、ファクタリング業者は、営業所ごとに公衆の見やすい場所に、協会で定める様式の標
    識を自主規制により義務付けま
す。
②ファクタリング業者または、仲介業者(WEB上の審査なども含む)、保証会社などの全部または一部を継続して営む施設または
    設備

6.会員証書の交付

  ①入会が承認された法人には、会員票の交付をします。
    ②名刺及びホームページに会員である旨を表示することができます。
   
   ただし、使用前に申請して許可を必要とします。

7.登録の変更 

1.変更の届出
  ファクタリング業者は、登録事項を変更するときは、協会に届けなければいけない。
        ①商号、住所
        ②その役員の氏名
        ③その業務に関する広告・勧誘の際の表示等をするするまたは事務所の電話番号の連絡先等
    ④政令で定める使用人があるとき、その氏名
    ⑤営業所ごとに置かれているFBM資格者の氏名と登録番号
    ⑥業務の種類と方法
    ⑦他に事業を行っているときは、その種類

協会について

定款・諸規則について

  • 定款
  • 業務規程
  • 自主規制基本規則・法令遵守

 

業務内容

出版物など

  • 定期刊行物
  • 研修関連
  • 法令集
  • ログイン

ファクタリング業関連資料

各種申請書ダウンロード

  • ファクタリング業登録申請書
    届出書用紙等
  • 事業報告書・業務報告書
  • 連絡先等届出書(変更)
  • 届出書等の様式
  • ロゴ・シンボルマークの使用申請 方法手順